“一言半句”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いちごんはんく88.9%
いちげんはんく11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
事実彼の口からは「蠅男」の秘密をついに一言半句も誰にもりはしなかったのだから、あとは「蠅男」さえ自分で喋らなければ
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
東京に帰ってから叔母五十川女史の所へは帰った事だけを知らせては置いたが、どっちからも訪問は元よりの事一言半句挨拶もなかった。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
しかし房枝は、その一言半句も聞きのがさなかった。そして、曾呂利の顔を、穴のあくほど見つめていたが、はっとした面持で
爆薬の花籠 (新字新仮名) / 海野十三(著)