“一言毎”の読み方と例文
読み方割合
ひとことごと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「えゝ。わたし平井町です。一ツしよに逃出したんですけど、途中ではぐれてしまつたんです。どこへ聞きに行つたら分るんでせう。」といふ声も一言毎に涙ぐんでくる。
にぎり飯 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
何事か暫しきしが、一言毎點頭きてかに打笑める男の肩を輕く叩きて
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
素戔嗚の声はのごとく、を失った若者の心を一言毎に打ち砕いた。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)