“一話一言”の読み方と例文
読み方割合
いちわいちげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文化九年十一月より文政四年まで書物奉行を勤めた。白藤が大田南畝と友としてかったことは南畝が随筆『一話一言』に散見している。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
空菴という狐が自ら狐の一字を書したことは『一話一言』にあり、また駿州安倍郡の貉は狸という字に紛わしい書を遺した。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
奴労之』『一話一言』等蜀山人が随筆を見るに江戸にて始めて狂歌の会を催せしは四谷忍原横町に住みし小島橘洲にしてその時集れるもの大根太木飛塵馬蹄大屋裏住平秩東作ら四
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)