“売買”のいろいろな読み方と例文
旧字:賣買
読み方割合
うりかい43.5%
ばいばい26.1%
うりかひ21.7%
うりけえ4.3%
ばいかひ4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この正賓はいつも廷珸とに所有の骨董を取易えごとをしたり、売買の世話をしたりさせたりして、そして面白がっていた。
骨董 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「品物なら判然そう解釈もできるのですが、不幸にも御礼が普通営業的の売買に使用する金なのですから、どっちとも取れるのです」
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
が、彼の苛立たしさは彼にエホバの「殿に入りてその中にをる売買する者を殿より逐出し、兌銀者鴿売者椅子
西方の人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
角「そうけえ、ア今金はあるが、千鳥村へ田地掛合に来たんだから、田地が売買にならなければりに直ぐ買ってくから、何しろ手附を置いて往くから、馬を置いて下せえ」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
さア/\此薬をおつけ……此薬はなというて、なか/\売買にないだ……ちよいと其処へ足をおし、けてるから…。乞「はい/\有難じます。 ...