“小房”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こざしき50.0%
しょうぼう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
孫恪は別に目的もなかったが、その前を通りかかったので、ちょっとした好奇心から覗いてみると、門番も何人もいない。で、門のへ入ると、青いを垂れた小房があった。
碧玉の環飾 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
ここには小房が、いくつか並んでいる。こっちへ来てください。ここへ入りましょう。はいったら入口のカーテンを引きます。さあ、椅子に腰をおかけなさい。