“大獄”の読み方と例文
読み方割合
たいごく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
井伊と吉田、五十年前には倶不戴天の仇敵で、安政の大獄に井伊が吉田の首を斬れば、桜田の雪を紅に染めて、井伊が浪士に殺される。
謀叛論(草稿) (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
されどなお近来未曾有大獄にて、一度に総数を入るる法廷なければ、仮に六十三名を九組に分ちて各組に三名ずつの弁護士を附し、さていよいよ廷は開かれぬ。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
十何年間というもの、紛争に紛争をしつづけていたが、幕府の親藩であるため、たれも断をくだせなかった越後家大獄を、たった二日で裁いて、明快な処置をつけたのは、綱吉だった。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)