“大疑獄”の読み方と例文
読み方割合
だいぎごく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの手紙から暗示を得た、十年苦節の大疑獄、十手の先ッぽで天下をかせるような功名心に燃えている。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
けれども私が全くチベットを去ってのちラサ府に大疑獄が起り、それがために五重の関門通過の苦痛よりも痛く心を傷めるとはなんらの因縁でございましょうか。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
町はのわくがごとく流言蜚語が起こった。不正工事の問題が起こりつつあり、大疑獄がここに開かれんとする矢先に役場に放火をしたものがあるということは何人といえども疑わずにいられない。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)