“御頷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おうなず50.0%
おんうなず50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それは満更嘘ではない。何度もおれは手招ぎをした。」と、素直御頷きなさいました。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
身を以て懇願する者があったならば、陛下も御頷きになって、我らは十二名の革命家の墓を建てずにんだであろう。
謀叛論(草稿) (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)