“一十”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いっし50.0%
いんじゅう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一十”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一体なら此奴こいつ豪勢に発奮はずむのだけれども、一進が一十いっし二八にっぱちの二月で工面が悪し、霜枯しもがれから引続き我慢をしているが
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いわば自身で仕立てた不孝の子二十四名を荒れ出すが最後得たりや応と引括ひっくくって、二進にっちん一十いんじゅう、二進の一十、二進の一十で綺麗に二等分して——もし二十五人であったら十二人半ずつにしたかも知れぬ
謀叛論(草稿) (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)