“川水”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かわみず50.0%
かはみづ33.3%
みづ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“川水”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「浅しとてせけばあふるゝ川水かわみずの心や民の心なるらむ」。
謀叛論(草稿) (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
もはやとおひともありません。みずうみほうかってながれています。広告燈こうこくとうあかひかりが、川水かわみずのおもてにうつっていました。
夕焼けがうすれて (新字新仮名) / 小川未明(著)
とうつかり人間にんげん雪枝ゆきえこたへた。おや、と心着こゝろづくとうざんざと川水かはみづ
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
別れのふちといふ名は、うみしほ川水かはみづの相逢ふ場所からの名で、古くから遊女歌舞伎たち、ここに船をうかべて宴を催し、「江戸雀」には、納凉の地といひ、舟遊びの船に、波のつづみ、風のささら(びん簓を言ひかけてか)芦の葉の笛吹きならしとある。
花火と大川端 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)