うく)” の例文
倶不戴天の親の、たまさか見付けて討たんとせしに、その仇は取り逃がし、あまつさへその身は僅少の罪に縛められて邪見のる悲しさ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
に乗せられて貫一は思はずると盈々れて、下にも置れず一口附くるを見たる満枝が歓喜
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
南岳おもむろに鄰席を顧て曰く諸君驚くことなかれ、我狂するにあらず。唯平生川端玉章の為人を好まず、従つてその手に触れしもの我これをることを欲せざるのみと。
礫川徜徉記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
世の慾を捨てし我らなればその芳志るのみ、美味と麁食とをばず、に身をば支ふれば足れりといふにぞ、便ち稗の麨を布施しけるに、僧は稗の麨を食しりてたりける。
印度の古話 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
到底これに相續石油藏れるやうな身代りとりて我等とせん、あとの兄弟不憫母親讒言絶間なく、さりとて此放蕩子養子にと申此世にはあるまじ
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
けだし慶応義塾の社員は中津の旧藩士族にる者多しといえども、従来少しもその藩政にを入れず、旧藩地に何等の事変あるもとして呉越をなしたる者なれば、往々薄情るも
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
されどもこはふべからざる事情の下に連帯のせしが、の如く腐れ込みて、義理の余毒の苦をると知りて、彼の不幸を悲むものは、交際官試補なる法学士蒲田鉄弥と
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
到底これに相続は石油蔵へ火を入れるやうな物、身代りと成りて消え残る我等何とせん、あとの兄弟も不憫と母親、父に讒言の絶間なく、さりとて此放蕩子を養子にと申る人この世にはあるまじ
大つごもり (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)