鉄路てつろ
下り一〇五列車は、黒く澱んだ夜の空気を引裂き、眠った風景を地軸から揺り動かして、驀進して行った。 『いやな晩じゃねェか……』 (変ったことでも起らなければいいが) というのを口の中で噛潰した、機関手の源吉は、誰にいうともなく、あたりを見廻し …
作品に特徴的な語句
たお ふさ した ひき あわただ とざ かた やっこ 怪訝おか 恋仇こいがた あるい くすぶ おやじ 紅唇くち 車輛しゃりん 運命ほし けん 久吉きゅうきち 借金かり かたわら 冷々ひえびえ 周囲あたり 周章あわて ごえ ひろ いま たのし 抛込なげこ ぬぐ たのし ほと やせ 発生わい 血腥ちなまぐ 蹌踉よろめ あいだ ぱな 不味まず うち なが また 介錯かいしゃく 何処どこ 何故なぜ 何時いつ 何気なにげ おれ かし まま 其処そこ 冷汗ひやあせ 凄寥せいりょう 凄惨せいさん もた 出張でば 出鼻でばな 到頭とうとう 前倒のめ 勿論もちろん 千切ちぎ 卓子テーブル かえ たた われ つぶや うめ 咽喉のど つば あえ わら 噛潰かみつぶ ささや とら 失恋ふら 如何いか むし もっと いわ ねが つる あて 後釜あとがま かえ 快楽けらく 恰度ちょうど 惨澹さんたん 懶気ものうげ 所為せい