“噛潰”の読み方と例文
読み方割合
かみつぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
というのを口の中で噛潰した、機関手の源吉は、誰にいうともなく、あたりを見廻した。
鉄路 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
どてッ腹あ蹴破って、このわたを引ずり出して、噛潰して吐出すんだい!
海城発電 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
どてツ腹あ蹴破つて、このわたを引ずり出して、噛潰して吐出すんだい!
海城発電 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)