“捏返”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こねかえ57.1%
こねかへ28.6%
ねりかへ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
閑話休題日和下駄の効能といわば何ぞそれ不意の雨のみに限らんや。天気つづきの冬の日といえども山の手一面赤土を捏返霜解も何のその。
泥濘捏返したのが、のまゝいて、荒磯つたに、硫黄けて、暑苦しいんでるんですが。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それで周三は、毎日畫架に向ツて歎息ばかりしてゐながら、定期の時間だけと畫室に入ツて、バレツトにテレビン繪具捏返してゐた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)