“定期”の読み方と例文
読み方割合
ていき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それで周三は、毎日畫架に向ツて歎息ばかりしてゐながら、定期の時間だけと畫室に入ツて、バレツトにテレビン繪具捏返してゐた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
せこかとふ、紙入から、定期だかだかさくんだ愛知銀行券ハンケチのやうにひら/\とふつて、一千圓、といふ楷書のところをせて
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
其内定期の三週間ぎて、御米身體からすつきりなつた。御米奇麗つて、らしいのするらした。それは更衣時節であつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)