“捏山”の読み方と例文
読み方割合
ねじやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
木綿山のことであろう。——道はやや高原をゆき、やがて由布院盆地へ降りてゆく。その降りへかかりながら、捏山、太郎嶽などの内ぶところを車から振向いて
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鶴見嶽のスロープや、捏山の谷あいをネジ登り始めたが、行けども行けども道がいい。——こう怪しむのは、ぼくら日本人の常識であるが、訊いてみるとやはり「進駐軍が来ましてね」である。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)