“みおろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
見下44.8%
瞰下38.8%
俯瞰5.5%
下瞰3.3%
視下2.7%
見卸1.1%
見降1.1%
見落0.5%
看卸0.5%
0.5%
瞰望0.5%
軽視0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょうど真蔵が窓から見下した時は土竈炭に入れ佐倉炭を前掛に包んで左の手でえ、更に一個取ろうとするところであったが
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
一縷、危い崖の上をって深い谿を瞰下しながら行くのである。ちょっとの注意もめられない径だ、谿の中には一木も一草もない。
木曽御嶽の両面 (新字新仮名) / 吉江喬松(著)
それに船側に添って乱れてりのぼる青い腹の、まるで白竜のような新鮮な波の渦巻と潮漚とをつくづくと俯瞰しては、何とか歌にまとめようと苦吟もして見た。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
ある日姫と我等とは、荒れたる神巫寺の傍に立ちて雲霧の如く漲り下る二條の大瀑下瞰したり。
とお隅は源の姿を盗むように視下して、めた口唇を浮べました。源は地団太踏んで
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
そして気の無さそうに往来を見卸した。
田舎 (新字新仮名) / マルセル・プレヴォー(著)
或る日の夕暮、彼は露台へ昇って暮れて行く下の海を見降しながら考えた。
花園の思想 (新字新仮名) / 横光利一(著)
この町は荒海のりにある。石油がので斯様辺鄙な処にも小さな町が出来たのだ。北の空の冴え冴えしいのは見落す下には真青な海があるからのせいもある。北風の強いのも海が近いからである。
暗い空 (新字新仮名) / 小川未明(著)
海が足許まで来ているように真蒼な日本海を左手に見落した。下の製造場を眺めると、家根が低く、平たく、白くなっていて自分の上って来た細い梯子は中程から霞んで消えて下の方は見えなかった。
暗い空 (新字新仮名) / 小川未明(著)
すべてのさま唯だ一つの四阿屋めきたり。細きをば、こゝに野生したる蘆薈の、太く堅き葉にて援けたり。これ自然のなり。看卸せば深き湖の面いと靜なり。
頂なる少年は、これをして、雲の桟橋のなきに失望した。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
三等の食堂は一段上になっているので、下の雑居室は真上からそのまま瞰望せるのである。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
しましょう、はその、このには、するの、本当気持らないと、へんにあなたを軽視したのでございます。