“見降”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みおろ66.7%
みくだ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“見降”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
或る日の夕暮、彼は露台バルコオンへ昇って暮れて行く下の海を見降みおろしながら考えた。
花園の思想 (新字新仮名) / 横光利一(著)
彼は煙草を吸いながら窓から下を見降みおろした。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
彼は、また稍ともすると女房のたいや嫁のお葉が、おつに勿体振つてやがる、ひとを見降みくだすのも好い加減にしろ——などゝ酒の勢ひで喚いたが、誰も怖がりもせず、却つてその素振りが一同の笑ひの種になるだけだつた。
サクラの花びら (新字旧仮名) / 牧野信一(著)