若水の話わかみずのはなし
ほうっとする程長い白浜の先は、また目も届かぬ海が揺れてゐる。其波の青色の末が、自づと伸し上る様になつて、頭の上まで拡がつて来てゐる空だ。其が又、ふり顧ると、地平をくぎる山の外線の、立ち塞つてゐる処まで続いてゐる。四顧俯仰して目に入るものは、 …
作品に特徴的な語句
彼方ヲチカタ ヲゾ シユク オノ ゴク ゴト シチ ナサケ サラ カヘ カヘ スヽ 女童ミヤラビ 寿 ミハ ムツ 最中サナカ 異形イギヤウ 御殿オドン モチ ウシユ 海豹ミチ 御霊ミタマ 巫女ノロ カミ 女性ニヨシヤウ そもそも 四箇シカ 仮令たとひ 去年コソ 海中トナカ 使女ヴナヂ よこたは 不覚オクレ すなはち 晦日ツゴモリ 記念カタミ 言触コトブ 辺土ヘヅ 稜威イツ ハタ カヒ 若水ワカミヅ 今年コトシ 作事サクジ およそ 珍彦ウヅヒコ 女君ジヨクン 碑文ヒノムン 後年アトヽシ 月読ツキヨミ 山原ヤンバル 常世トコヨ 国頭クニガミ シトギ 離島ハナレ 歳神トシガミ 刀禰トネ 濶葉ヒロバ 公達キンダチ 郷巫ツカサ 霊祭タマヽツ 彼年ヲチトシ ことば 工風くふう 庤部カンダチメ 御祖ミオヤ 檍原アハギハラ 節間ヨノナカ 河勝カハカツ 浜下ハマウ 生盆イキボン 産飯サバ ツミ