“書生体”の読み方と例文
読み方割合
しょせいてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところへ書物を持った書生体の男だの、扇を使う商人風の男だのが二三人前後して車台にってばらばらに腰をかけ始めたので、運転手はついに把手を動かし出した。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
頭を奇麗に分けて、木綿の紋付の羽織に小倉を着けて至極真面目そうな書生体の男である。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)