“きみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キミ
語句割合
53.0%
気味16.2%
鬼魅10.0%
氣味5.2%
1.9%
黄味1.5%
1.3%
黄身1.3%
1.1%
0.9%
主君0.6%
卵黄0.6%
玉蜀黍0.6%
0.4%
女王0.4%
蛋黄0.4%
君公0.4%
貴嬢0.2%
足下0.2%
法皇0.2%
矢野0.2%
糸的0.2%
陛下0.2%
一雪0.2%
主上0.2%
仁者0.2%
0.2%
光景0.2%
吉弥0.2%
0.2%
0.2%
王侯0.2%
貴公0.2%
賢弟0.2%
黄蛋0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ああ、おさんとへいってってきたんだ。こんど、もいっしょにゆかない?」と、いきいきとしたげたのであります。
すいれんは咲いたが (新字新仮名) / 小川未明(著)
おばさんのは、奇怪であります。みんなは、いているうちに、気味くなりました。野原には、たっていたけれど。
草原の夢 (新字新仮名) / 小川未明(著)
鶴生(福島県西白河郡西郷村大字)の奥なる高助と云ふ所の山にては炭竈に宿する者、時としては鬼魅の怪を聴くことあり。其怪を伐木坊又は小豆磨と謂ふ。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
アンドレイ、エヒミチは奈何にも情無いとふやうなをして。『奈何して那樣氣味だとふやうな笑樣をされるのです。 ...
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
於茲りてきぬ。韓湘めてく、むことれ、る、あらず、しからずして朝廷ふと。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
たゝみつづゝ、いやな黄味びて、えかゝる提灯で、ひく/\とれる、猅々化猫である。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
我がの怨敵たらんもの、いづくにか侍るべき、まこと我が皇の御敵たらんものの侍らば、痩せたる老法師の力しくは侍れども、御力を用ゐさせ玉ふまでもなく
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
伯母さんは鶏卵黄身をまん中にして白身を四角や三角に焼くのが上手だ、駿河台へニコライ堂が建つとき連れてってくれたのもこの伯母さんだ。
ペトゥローがいまだ捕へようともせぬ暇に、疾くもイワンは敵将の頸に縄うち、の御前に引き立てけり。
多情卿是傾城種 多情傾城
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
今世主君にも未來主君にも、忠節のほどはしたし、かはあれど氣遣はしきは言葉たくみにくなきがく、誰人至信誠實に、愛敬する主君半身となりて
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
由って掘り試むるに、銀あって中に夥しく金をめり、その銀数片を夢判じにやると、銀より金が欲しいし召しから、卵黄の方も少々戴きたいものだと言うたそうな。
「そうか。丁度よかった。この人について行ってくれ。玉蜀黍脱穀をしてるんだ。機械は八時半からくからな。今からすぐ行くんだ。」農夫長はりで脚絆いている顔のまっな農夫を
耕耘部の時計 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
天照大御神の御国にあらざるがに、定まれるなくして、狭蝿なす神ところを得て、あらぶるによりて、人心あしく、ならはしみだりがはしくして、国をし取りつれば
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
わが女王は 笑はせたまはず
髪切虫 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
またで、硝子杯白雪に、鷄卵蛋黄かしたのを、甘露ぐやうにまされました。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
君公謀計にござりまする。粗略あろうとは存じられませぬ」
赤坂城の謀略 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
この十蔵が事は貴嬢も知りたもうまじ、かれの片目はなる妻が投げ付けし火箸の傷にてれ、間もなく妻は狂犬にかまれてせぬ。
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
この時わが胸をきて起こりし恐ろしきいはとても貴嬢したまわぬ境なり、またいかでわが筆よくこれを貴嬢に伝え得んや。
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
ベンヺ カピューレットの例會に、足下ふローザラインが、ヹローナで評判のあらゆる美人達同席するは都合ぢゃ。
ロミオ いや/\、滅相な。足下舞踏靴いが、のやうにいによって、ることはおろか、きたうもない。
「恋にやぶれ、恩寵をうけた法皇にも別れ、わがゆく途は、出家一途と思いきわめたのは、その時でおざった……」
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この兼好も、近ごろは人に、卜部兼好かと、昔名を問われたことなど、とんとない。……したが、お夫婦の姿をここに見、そぞろ後宇多の法皇が世におわせし頃もなつかしゅう思わるる。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「頭巾を借りてったから、矢野のだよ。ああ、何だか、急に、むずむずする。」
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「噴出さしちゃ不可いぜ。私は最初から、気にも留めていなかった、まったくだ。いまこう真剣となると、黙っちゃいられない。対手がある、美芸青雲派の、矢野も知ってる名高い絵工だ。」
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
糸的はひとりで目の覚めた顔をして澄ましているが、内で話した、外で逢ったという気振も見せない癖に、よく、そんな、……お京さんいい名だなあ
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あのを拝むとも言いたくないから、似合いだとか、頃合いだとか、そこは何とか、糸的の心づもりで、糸的の心からこの縁談を思いついたようによ、な、上杉さんに。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
臣は今日出家して、陛下の為めに功徳はむとふ。天皇したまふ。即日出家してたまふ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
び譲りて曰く、不幸、元より病有り。何ぞ社稷を保たむ。願くは陛下、天下を挙げて皇后に附けよ。りて大友皇子を立てて、しく儲君たまへ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
糸七は俯向いた。一雪よ、聞け。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ここにおいて文殊師利維摩詰に問う。我ら各自説きれり。仁者、まさに説くべし。何等をかこれ菩薩、不二法門という。時に、維摩、黙然なし。文殊師利嘆じて曰く善哉善哉。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
【プロヴェンツア】一二四六年、シヤルル・ダンジューがプロヴァンスのなるラモンド・ベリンギエーリの女ベアトリスを娶れるためこの地フランス王家に屬せり
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
されども文三が死だ気になって諸事おるされてで持切ッているに、お政もスコだれの拍子抜けという光景で厭味の音締をするように成ッたから、まず好しと思う間もなく
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
貞観のはじめ前越後守伴龍男の従者吉弥広野の、その主の犯罪を官に密告せる書生物部稲吉を殴殺せしがごときその一なり。『将門記』に、平将門の駆使に丈部子春丸あり。
武士を夷ということの考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
顓頊道ならず、我がに抗し、我が后は自らこれに天罰を加えるために、郊で戦われたが、天は徳をけず、我が軍隊は敗走致しました……」
不周山 (新字新仮名) / 魯迅(著)
よ、その双手を組むにさきだつて、その鶴のやうなるおん脚をば組みたまへ!
希臘十字 (新字旧仮名) / 高祖保(著)
彼女の名は「しろき手」と名づけられ、うつくしき王侯たちをすべ治む
(新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
「やー貴公でしたか、暗いのにまあ、さあ、御上りなさい」。
愛か (新字新仮名) / 李光洙(著)
「……すまなかった。賢弟たちの忠告をきいていたら、こんなことはなかったろうに」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのでなうて、そんな鬪爭何處にあらう? 足下には鷄卵黄蛋充實ってゐるやうに、鬪爭充滿ぢゃ、しかも度々打撲されたので、少許腐爛氣味ぢゃわい。