“あるじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アルジ
語句割合
主人54.4%
37.5%
主婦3.2%
女主1.4%
主翁0.5%
亭主0.5%
家主0.5%
主個0.2%
主僧0.2%
主君0.2%
主長0.2%
女主人0.2%
恭助0.2%
東道0.2%
樓主0.2%
男主0.2%
荘主0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人と妻と逗留に来て居る都の娘と、ランプを隅へしやって、螢と螢を眺むる子供を眺める。田圃の方から涼しい風が吹いて来る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
なんのために、生涯、日蔭におくり、自らの魔夢にうなされ、こんな万年床のになって終るのかと——刑部はまたも、ぐちになる。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こんなことで幾日かを夢のように送っているうちに、主婦のおきつが何処からか聞いて来て、江戸城の天狗の一件を話した。
勝手元には七輪ぐ音折々に騒がしく、女主が手づから茶碗むし位はなるも道理、表にかかげし看板を見れば仔細らしく御料理とぞしたためける。云云。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
私どももこれから下女を連れて参る筈、留守は主翁が致しまする。あなた様も、是非にお出でなされませぬかと。澄が帰りしその跡へ、太田の妻の入来るに。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
「なに、すぐります。だけど今時分の夕立なんて、よっぽど気まぐれだ。」と亭主が言った。
窮死 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
て參りますと主個に言ての支度辨當吹筒げ和吉を呼で今日は吾儕が花見に行なれば辨當を脊負をしてと言ば和吉は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
掛れば瓦羅利と開くにいよ/\不審と進み這入は如何に主個庄兵衞は何者にか殺害されたる物と見え血汐りての上にれゐるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
主僧凶夢を苦に病む 私の泊った主僧は何かこの間から続けてい夢を見たというので大いに恐れて居る。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
一行の者はあすこがすなわち当大寺の主僧であるサッキャア・コマ・リンボチェという方の居られる所であるから逢いに行かねばならんという。それで私もそこへ出掛けて行きました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
そのうち、一国一城の主君である大頭株に介在して、身分は単に一旗本に過ぎないのだが、ふだんから一も二目も置かれて破格の扱いを受けているのがこの大岡越前である。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
カピ長 はて、堪忍せにゃなりませぬ。これさ、どうしたもの! せにゃならぬといふに。これさ/\、こゝの主長乃公ではいか? か? さゝゝ。
小間使いが女主人の一に会いて半ば消え入りつつそこそこに去りしまで、わずか二分ばかりの間——ながら、この瞬間に二人が間の熱ややりて、しばらくは母子ともに黙然と相対しつ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
恭助れて禮服ぬぎもへずるを、あれ貴郎召物だけはおばせ、れではいけませぬと羽織をぬがせて、をもさまづからきて
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
独りネビッチョけ物と成ッて朝夕勉強三昧に歳月を消磨する内、遂に多年蛍雪の功が現われて一片の卒業証書をき、再び叔父の家を東道とするように成ッたからまず一安心と
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
盡くして呉ける故曲輪の風も何時か見習樓主の悦び大方成らず依て丁字屋の板頭名前丁山とこそ名付たれ突出しの初めより通ひ遊客は云ふも更なり仲の町の茶屋々々迄もものとせし位なれば日成らずして其の頃屈指の全盛と成りし事孝行にして神佛も其赤心
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
彼女が手伝って掃除すると、まめやかな男主は、手製のおしるこを彼女にと進めたりした。彼女はその日のことを記した末
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
湯浴み、食事なども、終ってから、王進は、荘主太公に会った。頭巾をかぶり、白髯は膝にたれ、道服に似たものを着、柔かそうな革靴をはいている。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『詩経』に「膏沐無からん、誰をとして容をらん」とか申す二句、て何心なく読みおり候所、後に曹大家『女誡』専心の篇を見候えば、上下の文ありて
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)