“ぬし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヌシ
語句割合
91.5%
塗師4.4%
1.6%
主人0.6%
貴様0.3%
主體0.3%
棲主0.3%
漆師0.3%
0.3%
魔主0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、のない血まみれなその小舟がに乗って流されてゆくそばに、ぽかりと、西瓜のような物が浮いた。ふたつの人間の頭である。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
政吉はまず差し当りのけを見て行くという意見で、たとえば私が下職の方の塗師上手の方へやろうというのでも、政吉は安手の方の塗師重で済まして、手間を省こうという遣り口。
「シップの——おらの部落ではなかろうか、開墾の火でもあろうか、よくご精の出ることだ、——うらやましいことだ」
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
谷の主人。——鬼王丸の本体である。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
『道楽はイクラしても構わん。貴様が儲けて貴様が遊ぶ事じゃケニ文句は云わんが、赤の他人でも親類になる……見ず知らずの他人の娘でも蹴倒おす金の威光だけは見覚えておけよ』
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
アトは丸山にて貴様の狃除をば喜ばしょうと思うに、要らん事に全快なったりして俺達をば非道い眼に合わせる。捕らぬ狸の皮算用。夜中三天のコッケコーコーたあ貴様が事タイ。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
んど闇黒全體まれてつたが、一念いて幾分神經くなつたか、それとも闇黒れたか、じて燈光主體途端
隧道穿ちし工夫鶴觜爆裂彈殘虐つた、棲主たちのならずや。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その船行方なくなりては、家に残る人も散々になりぬるより、絶えて人の住むことなきを、この男のきのうここに入りて、して帰りしをしとてこの漆師が申されし
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
正宗、わしアび刀、は切れても、わしア切れエ——ぬ」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
先ごろ、世間のうわさでは、お上人様が、大沢の池に棲んでいる恐ろしい魔主を、念仏の功力でお払いくだされたとかで——えらい噂でございます。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)