“てめえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
手前84.5%
14.8%
0.4%
貴様0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かく「何も糞もあるものか、よくのめ/\と来やアがった、手前が意地を附けたばっかりで忰を牢死させるようにしやアがって此奴
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
かけら半分叱言らしいことを私に云われず、ただ物和しく、清や喧嘩は時のはずみで仕方はないが気の毒とおもったら謝罪っておけ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
未来に持っている果報の邪魔はおれはしねえ、いと汝がおもうなら辛いつきあいはさせたくねえから。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「どうせ、貴様から返金して貰へるなんて思つちや居ねえツて言つたよ——其れよりかお竹の阿魔に、泣かずにてろツて伝言頼むぞ、忘れると承知しねえぞ」と後車の御者は答へつゝ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)