“江口”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えぐち83.3%
こうこう16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“江口”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌3.0%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
きのうも隣りの陶器師すえものつくりの婆どのが見えられて、いっそ江口えぐちとやらの遊女に身を沈めてはどうじゃ。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
あの婆め、とうとう藻をそそのかして江口えぐちとやらへ誘い出したのではあるまいかと、彼は急におどりあがって又一散に駈け出した。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
……それから九龍浦の次は浦項ほこう江口こうこうで、ここは将来有力な爆薬ハッパ根拠地たまりになる見込みがあります。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)