大岡越前の独立おおおかえちぜんのどくりつ
便室(老中が、城内で、親しい者と話をする小部屋)の襖を開けると 「急用で御座りますかな」 と、口早にいって、越前守は、松平伊豆守信祝(信綱の曾孫)の前へ坐った。 「急用と申すほどで無いが——天一坊と申す者の噂を聞いたか?」 と、信祝は、唇で …
作品に特徴的な語句
下婢おなごし ふく げん 足下そこもと 真正ほんもの ずみ かい したた いず べり 徒輩やから 退さが 生地しょうち 畳敷たたみじき しん つつみ あきら あが あが めっ さわ まろ おお 真正しんしょう しゃ 膝行しっこう 曾孫そうそん 時世じせい まく それがし しょう 手附てつけ しとや 御覚おおぼえ 御眼おめ 御冠おかぶ ため のち 彼奴きゃつ はじ 生国しょうこく 小児しょうに せつ 宝沢ほうたく はま 天晴あっぱ もとい 周章あわて ころも なり 黒漆くろうるし 今度こんだ つとめ 仕舞しまい つか 一言いちごん 二人ににん 判官はんがん くつがえ うかが 三宝さんぼう かたむ つら 使つかい 顔色かおいろ 沁々しみじみ 酒肴しゅこう 無残むざん はげ じょう 附人つけびと 隅々すみずみ 灰空はいぞら かり 濠端ほりばた うなず 顔色がんしょく たま 淡彩たんさい たぐい まさ あざむ かご まげ 成程なるほど 黄昏たそがれ 此処ここ いま