“あしもと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
足許54.6%
足下21.9%
脚下16.2%
足元5.3%
脚元1.3%
脚許0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
向う岸で法螺の貝を吹き出すと、やがてこちらでも、いつのまにか、田山白雲のつい足許から同じ貝の音がすさまじく響き出しました。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
風がしくなり、足下がむくむくとき立って、か下の方にの音まできました。王子はそっと下の方をいてみました。
強い賢い王様の話 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
小学校の教師か巡査かとでも云う物ごしであった。彼はその脚下に置いてある魚籃を覗いて見た。そこには五六尾の沙魚が入っていた。
蟇の血 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
『あなたは、こんな神聖境地立派御修行などはとても段違いで、あなたの足元にもりつけはしませぬ……。』
わしが、恟々と、お脚元間近まで、はい上がってゆくと、びしゃりと、猿殿はわしの背中を鉄扇で一つ叩いていわれた。
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
呼吸かず、続けざまに急込んだ、自分の声に、町の中に、ぬい、と立って、杖を脚許斜交いに突張りながら、目を白く仰向いて、月に小鼻を照らされた流しの按摩が、呼ばれたものと心得て
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)