蟇の血がまのち
Ⅰ 三島讓は先輩の家を出た。まだ雨が残っているような雨雲が空いちめんに流れている晩で、暗いうえに雨水を含んだ地べたがじくじくしていて、はねあがるようで早くは歩けなかった。そのうえ山の手の場末の町であるから十時を打って間もないのに、両側の人家 …
作品に特徴的な語句
ごう げん 上流かみて つと 何人どなた ひき ふう きもの 魚釣うおつり 下流かわしも 何人たれ 退さが じぶん じょう なまめ こうむ におい 饗応ごちそう 何人なんびと ぜん 眼前がんぜん 知己しりあい いっ 通路とおり さま へり ひっ なま うしろ おお つま うお うるお きれ けだもの 何人だれ えが 凌霄にんどう さき ころ たく 双手りょうて 取手とって 眼前めさき ひら 野狐のぎつね 朋友ともだち 女竹めたけ あたたか いや やわら 小路こみち ななめ 数多たくさん 平生いつも かど のち 後帰あともど 微白うすじろ 手数てすう 椅子いす わけ 生生なまなま やま いぼ みんな 硝子ガラス はし あか 素性すじょう 細君さいくん 細面ほそおもて すく 縹渺ひょうびょう 耳門くぐり ふけ ひじ 脚下あしもと 色女いろおんな 茱萸ぐみ 華美はで ねぎ 薄月うすづき 陰鬱いんうつ 隻肱かたひじ 隻手かたて 障子しょうじ すき 長手ながて にぶ
題名が同じ作品
蟇の血 (新字旧仮名)田中貢太郎 (著)