“旧上達部”の読み方と例文
読み方割合
ふるかんだちべ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
親王興に入りたまいて、さらば足下のは、と問わせたまうに、旧上達部檳榔毛の車にりたるが、時に其声を聞くにも似たらん、と申した。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)