時計屋敷の秘密とけいやしきのひみつ
気味のわるい名物 「時計屋敷はおっかねえところだから、お前たちいっちゃなんねえぞ」 「お父うのいうとおりだ。時計屋敷へはいったがさいご、生きて二度とは出てこられねえぞ。おっかねえ化け物がいて、お前たちを頭からがりがりと、とってくうぞ」 「化 …
作品に特徴的な語句
砂塵しゃじん どま 引返ひきかえ かか たも かたむ 光沢こうたく うな 囚人しゅうじん 塵埃じんあい ゆか あや 捕虜ほりょ ほう 洞穴どうけつ みぞ 生命せいめい たたみ しゅう 装飾そうしょく 遺書いしょ かさ くさり 亡者もうじゃ 介抱かいほう 仕掛しかけ 仰向あおむ 仰天ぎょうてん 余裕よゆう 余震よしん 修繕しゅうぜん 僧侶そうりょ もう やいば 千草ちぐさ たた 合図あいず 含有がんゆう しゃべ 因縁いんねん 困難こんなん 土砂どしゃ ほこり 埋蔵まいぞう 報時ほうじ へい 境内けいだい 墜落ついらく びん 天井てんじょう 天罰てんばつ やつ みょう 安否あんぴ 小窓こまど しり 尻餅しりもち みね くず 崩壊ほうかい 左平さへい 巨万きょまん 平衡へいこう 庄屋しょうや 廊下ろうか 引張ひっぱ 弱音よわね 得意とくい 微量びりょう 怪異かいい 怪魔かいま おそ 恩人おんじん 悪者わるもの 感心かんしん 振子ふりこ 揚句あげく 木枯こがらし つえ ぼう たな 椎骨ついこつ 極悪ごくあく 横領おうりょう おり