“土砂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どしゃ52.6%
どしや21.1%
どさ10.5%
とさ5.3%
つち5.3%
つちすな5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人は人を押しわけて電車へ乗った。雨が土砂降りだ。いい気味だ。もっと降れ、もっと降れ、花がみんな散ってしまうといい。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
其後山津浪した土砂溪流のために次第はれて、以前村落地暴露したけれども、家屋其處かられてなかつたので、山津浪一村埋沒したといふよりも
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
此際鐵道橋梁汽車はれてしまつたが、これは土砂つたまゝ海底までつてかれたものであることがつた。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
著者事件があつて二月其場所見學したが、土砂圓錐痕跡其時までもることが出來た。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
蒸す様な草いきれと、乾いた線路の土砂の反射する日光とで、額は何時しか汗ばんだ。静子の顔は、先刻怡々した光が消えて、妙に真面目に引緊つてゐた。小妹共はモウ五六町も先方を歩いてゐる。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
土砂の如くひ捨る故に程なく三百兩の金も遣ひなくし今は漸々丸の内の本多家の大部屋げ込を貰ひて喰居たりしが追々寒さに向ふ時節なれど着物は古浴衣一ツゆゑ如何共爲方なく不※大部屋を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)