○○獣まるまるじゅう
深夜の大東京! まん中から半分ほど欠けた月が、深夜の大空にかかっていた。 いま大東京の建物はその青白い光に照されて、墓場のように睡っている。地球がだんだん冷えかかってきたようで、心細い気のする或る秋の夜のことだった。その月が、丁度宿っている …
作品に特徴的な語句
づえ ぼう とんが 水槽タンク におい あきら どころ 博士せんせい かろ つかま ぱら 宿直しゅくちょく うしろ 標題ひょうだい 横腹よこばら さつ 月明げつめい 陥穽おとしあな かたわら かたむ 鈴懸すずか 冷々ひえびえ かさ すぐ 損料そんりょう ひま 転覆てんぷく 軌道きどう うな ゆびさ たず ごと けだもの かじ かた 土塊どかい 地底じぞこ ほうむ かか 生擒いけどり 大口おおぐち 大穴おおあな ちぢ まか あみ おそ 椿事ちんじ 早速さっそく かま よこた 水母くらげ 活溌かっぱつ 溜息ためいき こぼ ただよ 激励げきれい かがや 片唾かたず 物識ものし 狩人かりゅうど ひと せま たぬき 狼狽ろうばい 現場げんじょう 球塊きゅうかい 理窟りくつ 申訳もうしわけ 異様いよう 白気はっき みんな 目下もっか 真下ました 真青まっさお なが にら みは 石塊いしころ 金儲かねもう ひらめ しず 鋸引のこぎりび ボタン 金釦きんボタン 金切かなき 遠巻とおま 速写そくしゃ つい 達磨だるま 陥穴あとしあな