総出そうで)” の例文
旧字:總出
けて働く面々も、すぐり抜きたる連中が腕にを懸けて、車輪になりて立廻るは、ここ二番目の世話舞台、三階総出大出来なり。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
消防隊員は総出でもって、穴の中にしきりにセメントの溶かしたものをぎいれている。もちろんそれは蟹寺博士の指図によるものであった。
○○獣 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そのためきょうは一日中、部屋の者総出で探し、やっと、所在は知れたが、自分らの手に及ばない所へ運ばれているので、ご相談申しあげる次第ともある。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
じゅうの総出で、なにかはやしたてています。そのうち、こちらへいものが、あちらのからげるようにやってきました。ると、自分であります。
百姓の夢 (新字新仮名) / 小川未明(著)
今宵も八人の道楽仲間を呼び集めて、これに七人の女中が総出で広間を昼のように明るくし
中日は村総出の草苅り路普請の日とする。右左からに公道をした雑草や雑木の枝を、一同らした鎌で遠慮会釈もなく切払う。人よく道をむを、文義通りやるのである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
新たなる大きい祈願をする時だけ立てたもので、千人がそろうということはむつかしくとも、できるだけは一村各家から総出をして、一どに一本ずつ持ってきて立てるのが本意であった。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
顔なじみの近所のお手伝いさんが、ほとんど総出の形で、どの家かの勝手口の門の前に三四人ずつかたまって、何かひそひそ話をしながら、通りへ眼をくばっていた。
四次元漂流 (新字新仮名) / 海野十三(著)
長屋じゅうのものが、総出となって、この老職人周囲まりました。
僕はこれからだ (新字新仮名) / 小川未明(著)
町内の附合いまたは組合の義理と称して、各戸総出をもって行列を作り、一定の路筋を廻歴した慣習のごときも、これを個々の事変に際する協力といわんよりは、すこぶる葬礼祭礼などの方式に近く
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
一家総出の時は、大戸をして、ぬれ縁の柱に郵便箱をぶら下げ
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
彼女の持ち役である南海女神はその途中で演技が済み、あとは終幕が開くので彼女をく一座は総出の形となって、ひとりジュリアは楽屋に帰ることができるのであった。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
若い男が総出で一つ一つ去年の苅株を堀りかえして行く。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)