“強弱”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きようじやく50.0%
きよじやく50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“強弱”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
つぎに、最初さいしよ一瞬間いつしゆんかん感覺かんかくによつて地震ぢしん大小だいしよう強弱きようじやく判斷はんだんすることについてべてたい。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
撚りの有無とつる強弱きよじやくとの關係は僅少の經驗けいけんに由つてもさとるを得べき事なり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)