“十二月党”の読み方と例文
読み方割合
デカブリスト100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
革命家としてのヴェラ・フィグネル、数学者としてのソーニア・コヷレフスカヤ、十二月党の妻たちは世界にしられている。
ロシアでは有名な十二月党の反乱が悲劇的終結をとげた年、愈々この出版事業にとりかかった二十六歳のバルザックは、自分から活字屋になり、印刷屋になり
バルザックに対する評価 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
先ずツルゲーネフが七歳の一八二五年に有名な十二月党の叛乱があった。
ツルゲーネフの生きかた (新字新仮名) / 宮本百合子(著)