“天仙”の読み方と例文
読み方割合
てんせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
を学びを修めたから、その功が満ちって、照道大寿真と呼ばれるようになっておるが、近ぢかのうちに、地仙を脱して、天仙になることになっておる、この霊窟
神仙河野久 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
つてたのは三十六元旦で、此日年始幻花子は、掘初めをするとつて一人出掛けたのを、から、靜灣佳水天仙望蜀古閑狹衣活東の七評議
利休は実に天仙の才である。
骨董 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)