怪異暗闇祭かいいくらやみまつり
天保の頃、江戸に神影流の達人として勇名を轟かしていた長沼正兵衛、その門人に小机源八郎というのがあった。怪剣士として人から恐れられていた。 「小机源八郎のは剣法の正道ではない。邪道だ。故に免許にはいまだ致されぬが、しかし、一足二身三手四口五眼 …
作品に特徴的な語句
さき はや いみ ちらか おとし さだま 地面じびた 勝敗しょうぶ ぱら 口惜くちお 古昔いにしえ あなが うしろ しん はじ 退 まる 宿しゅく そっ のち こす 故事ふるごと かな 文字もじ 明白あからさま 根下ねもと 根絶ねだや きま けむり 燈火ともしび 猪口ちょこ 神祭かんまつり 神輿しんよ 競馬くらべうま すか 金蔵きんぞう 闇夜あんや 黒鯛かいず 鼻頭はなさき 一樽ひとたる 予譲よじょう 五分ごぶ 仰有おっしゃ てい 信州しんしゅう 剃刀かみそり 匕首あいくち 半次はんじ 呑位のみぐらい 品川しながわ あざけ 嘲笑あざわら うわさ 四辺あたり 多摩たま 夜泣よな 大束おおたば 天保てんぽう 天狗てんぐ おご やつ 小塚こづか うま 巾着きんちゃく 布田ふだ 幣束へいそく 府中ふちゅう 座興ざきょう 悪戯いたずら 惣社そうじゃ 愛妾あいしょう はばか 懐中ふところ 所業しわざ 拳固げんこ 捻込ねじこ なぐ 敗頽はいたい かたき 敵討かたきうち 斬付きりつ 旅籠はたご しん くら 朧気おぼろげ 本陣ほんじん ふくろう