“伊勢佐木町”の読み方と例文
読み方割合
いせざきちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この尾行者のあるのに気がついたのは、横浜の銀座といわれるあのかな伊勢佐木町夜食り、フラリと外へ出た直後のことだった。
疑問の金塊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
西戸部にはむらさき組、大田町には臙脂組、北方にはコバルト組、それらの色とりどりが、伊勢佐木町の夜景を、どんなに濃くすることか。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
伊勢佐木町の手前でタキシイを乗りて、繁華な通りをぶらついたが、幾歳になっても気持の若い雪枝は、子供のようにんで支那服姿で身軽に飛び歩いていた。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)