“継子等”の読み方と例文
読み方割合
ままッこら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宇宙間の万象を一切讐敵として、世にすねたる神仏の継子等、白米一斗の美禄をれず、御使番を取拉ぎてに開戦を布告せり。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)