“吾儘者”の読み方と例文
読み方割合
わがままもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十一人の子供を育て、恐ろしい吾儘者の良人に仕えて、しっかり家をえて行く婦人の尋常の婦人であるまいと云う事は、葛城家の偽使者も久しく想う処であった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「シベリアから雪と氷とが追放されたことは、誰もが認めているじゃないか。それで約束の取引は立派にんでいる。あとの言い分は贅沢というもんだ。吾儘者めが!」
与右衛門さんは、村内っての吾儘者剛慾者としてのけものにさるゝ男である。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)