“客膳”の読み方と例文
読み方割合
きゃくぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十畳位の広さの部屋に、十四五人の男達が車座をつくり、おのおの客膳を前にして酒を飲んでいたのである。
風宴 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
常には使わない対立屏風を出してみたり、ちょっと馳走のあるときは客膳を用いたりした、そうするとたしかに家の中があたらしくみえ気持も動くように思える
日本婦道記:風鈴 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
清助は奥の部屋と囲炉裏ばたの間をったり来たりして、二人の下女を相手に働いているお民のそばへ来てからも、風呂の用意から夕飯として出す客膳献立まで相談する。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)