“移牒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いちょう50.0%
いてふ25.0%
うつ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東京に移牒する意嚮らしかったのですから、彼女の死に関する真相も遠からずハッキリして来る事と思いますが、それよりも先に小生は
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
で、こくめいな長官藤原維幾は、玄明がした官物を弁償せしめんが為に、度〻の移牒を送つたが、斯様いふ男だから、横道へ込んで出頭などはしない。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「ほウ、水上署から、水産局の監視船へ、事件が移牒されたってわけだね?」
動かぬ鯨群 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)