“満天星”の読み方と例文
読み方割合
どうだん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
満天星どうだんだの這い松だのの、潅木類は地面を這い、さぎうずらきじふくろたかわしなどの鳥類から、栗鼡りす
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その庭には勢いよく新しい枝の延びた満天星どうだんや、また枯々とはしていたが銀杏いちょうの樹なぞのあることが、彼女をよろこばせた。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
この富坂上の家というは満天星どうだん生垣いけがきめぐらしたすこぶる風雅な構えで、手狭てぜまであったが木口きぐちを選んだ凝った普請ふしんであった。
あさみどり満天星どうだんの芽の日に映えて新刀はよしひとふりふたふり
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「渡り鳥が来たようでございますね。満天星どうだんの葉を散らしています。おや、椋鳥むくどりでございます」こういったのはイスラエルのお町。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
三年も見なかった間に可成かなりな幹になった庭の銀杏いちょうへも、縁先に茂って来た満天星どうだんの葉へも、やがて東京の夏らしい雨がふりそそいだ。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
なお見るとそこから十数間はなれた、満天星どうだんの木の蔭の暗い所にも、同じ姿をした二人の人間が、館の方を睨みながらひそんでいた。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それを三吉が姉に言って、達雄が立って写した満天星どうだんの木の前へ行きながら、そこは正太が腰掛けたところ、ここは大番頭の嘉助が禿頭はげあたまを気にしたところ、と指して見せた。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
で、小松や満天星どうだん茱萸ぐみや、はぜ野茨のいばらなどで、丘のように盛り上がっている、藪の蔭に身をかくしながら、
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
記念の為、奥座敷に面した庭で、一同写真をることに成った。大番頭から小僧に至るまで、思い思いの場処に集った。達雄は、先祖の竹翁が植えたという満天星どうだんの樹を後にして立った。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)