“天満宮”の読み方と例文
旧字:天滿宮
読み方割合
てんまんぐう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天満組とは北組の北界になつてゐる大川より更に北方に当る地域で、東は材木蔵から西は堂島米市場までの間、天満青物市場天満宮総会所等を含んでゐる。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
と云う、男衆の目は、——ここに人を渡すためにけたと云うより、築山の景色に刻んだような、天満宮の境内を左へ入って、池を渡る橋の上で——池はないで、向う岸へれた。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その神様の種類からいえば、先ず店の間の天照皇太神宮を初めとし、不動明王戸隠神社、天満宮大黒金比羅三宝荒神神農様、弁財天、布袋、稲荷様等、八百万の神々たちが存在された。