“岩銀杏”の読み方と例文
読み方割合
いわいちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少し登ると傾斜の緩い高原状をなした段に出る、一面に岩銀杏を敷き詰めた緑の地に、白山一華珍車の花が白い模様を織り出している。
北岳と朝日岳 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
少し下ると大雪田が始まる、白山小桜、珍車小岩鏡岩銀杏などが目に入る。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
岩銀杏の間に白山小桜の花叢が散点した東側の草地を東北に廻り込むように辿って行く。小さい池がある、これが『郡村誌』に所謂月ノ沼であろう、此外には附近にそれらしいものは見当らなかった。
利根川水源地の山々 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)