“小銀杏”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こいちょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小銀杏”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かたわらで湯を浴びていた小柄な、色の黒い、すがめ小銀杏こいちょうが、振り返って平吉と馬琴とを見比べると、妙な顔をして流しへたんを吐いた。
戯作三昧 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
小銀杏こいちょうの髪。縞の着物に縞の羽織。大家の旦那ふうの文珠屋佐吉なので。
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)