“小岩鏡”の読み方と例文
読み方割合
こいわかがみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小岩鏡などの紅花を点綴したお花畑を眺めながら、の小屋場といわれていた山稜上の一地点に達するのである。
雪の側はいわゆる御花畑で、塩釜白山一華小岩鏡などが多い。
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
白根葵小岩鏡、白い花の撫子日光黄菅、白花石楠などが花盛りで、一見お花畑のようである。此処から瞰下すると幽ノ沢の全渓が雪で埋められているのが分った。
利根川水源地の山々 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)