“岩鏡”の読み方と例文
読み方割合
いわかがみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
笹が少なくなって石楠御前橘岩鏡苔桃などが下草に交って現れる。左に近く笈吊岩の絶壁を仰ぐようになると直ぐ峠の頂上である。十日程前には紅葉が盛りであったという。
秋の鬼怒沼 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
そしてえたがけには、ふきのとうがえ、岩鏡しくいていました。
らんの花 (新字新仮名) / 小川未明(著)
岩間には岩鏡一葯草其外名も知らぬ紅や白や桃色の花が咲きこぼれ、特に一面に叢生している石楠の大木は、殆んど白に近いほど極めて薄い桃色のさした花を枝もむ許りにつけて
奥秩父の山旅日記 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)