らんの花らんのはな
(この話をした人は、べつに文章や、歌を作らないが、詩人でありました。) 支那人の出している小さい料理店へ、私は、たびたびいきました。そこの料理がうまかったためばかりでありません。また五目そばの量が多かったからでもありません。じつは、出してく …
作品に特徴的な語句
めば うえ むら がく あじ 商人しょうにん 好者こうしゃ ゆう 所有しょゆう 不具ふぐ あらわ 流行りゅうこう さん もく 色合いろあ りょう 機会きかい はず あた がつ ぬの 故郷こきょう 見下みお 愛想あいそう なか 主人しゅじん 高山こうざん 高価こうか 老人ろうじん 以来いらい にお つく あたい ひか 光沢こうたく はい 出直でなお あたま おと えが なか 原因げんいん 友人ゆうじん したが のち ひら つよ 終日しゅうじつ かさ 華麗かれい わたくし 商売しょうばい こく 場合ばあい しゅ 故郷くに 根掛ねが 変種へんしゅ おお へん 幾何いくら ぽん ひだり 文章ぶんしょう あか おぼ じま 料理りょうり わたし みみ かんが 美人びじん うつく 経験けいけん ほそ 生気せいき 瞬間しゅんかん ねむ 真紅まっか しろ おとこ 生涯しょうがい 玩賞がんしょう 特別とくべつ くる たま 矛盾むじゅん