“るり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
瑠璃92.5%
琉璃5.7%
瑠璃鳥0.9%
竹林鳥0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日もお山は晴天で、八つの峰が鮮かに見え、肌が瑠璃のように輝いていた。そうして裾野には風が渡り、秋草の花がなびいていた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
七宝は、金・銀・瑠璃硨磲碼碯珊瑚琥珀または、金・銀・琉璃頗棃車渠・瑪瑙・金剛である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
黙つてろと親友の子の肩を押へた朴の木にほら瑠璃鳥が啼いてる
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
かつて語りけるは小鳥もいろいろ集めて見る時は日本在来のものは羽毛の色皆渋しと。まことや鶯、繍眼児萵雀の羽の緑なる、鳩、竹林鳥の紫なる皆何物にも譬へがたなき色なり。
一夕 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)